ゲイの人はうつ病に掛かりやすいと言われています。


うつ病は心のバランスが崩れてしまったり、過度に疲労が溜まったりすることで起こりえますがゲイはゲイであることを認められなかったり、ゲイであることを隠すことで心が疲れてしまいやすいのです。


そのため、ゲイの人はなるべく多く、ゲイの友人を作ることが好ましいと言われています。

ゲイであることを話せる友人や空間が必要なのです。

以前はゲイを周囲にカミングアウトせずにゲイの友人を作ることは非常に難しいことでした。

dbba43c8-s


しかし現在は、インターネットの普及により遠くの人とも繋がれるようになり、ゲイであることを周囲にカミングアウトしないままゲイの友人を作ることは難しくなくなりました。


SNSを利用してゲイであることをゲイの人たちに向けてカミングアウトすることの出来る場所が出来たのです。

以前より友人を作りやすい環境になったことは非常にうれしいことなのではないでしょうか。

SNSだけでなく実際に直接会って話が出来る相談相手を作るというのも大切です。


友人関係の中から恋が芽生えたりすることもありますし、実際に人と触れ合う機会と言うのは大切なものなのです。

最初はお互いにぎこちない関係かもしれません。

しかし同じ悩みを抱えたもの同士ですので、いずれ打ち解けられるようになるものです。


友人関係を広く持つことは、ゲイにとっては本当に重要なことなのです。


友達は多ければ多いほどいいと教師が言うような漠然としたものではなく、カミングアウト出来る空間を広く持つことで、ゲイに対する悩みや不安感、普段の生活でゲイを隠していることの疲れなどを、癒してくれるものになるのです。


欧米では特にゲイであることを自覚したその時からカウンセリングなどを受けられるようになっており、そこで友人関係の大切さなどを教えてもらうことが出来るのです。

日本では比較的ゲイに対する差別が少なく、問題視されてこなかったこともあり対応が遅れていると言えます。

2014020720121508

SNSなどを通して同じ趣味のゲイの友人など、交流を広げていきましょう。

ゲイの人は友人と恋に落ちる事もあるのでしょうか。

もちろん、ゲイの人も友人と恋に落ちることはあります。

異性愛者の男女の友人関係の中で恋が生まれるのと同じですよね。

ゲイが求めるべき出会いは恋愛対象としてセックスの対象としてのゲイだけではなく、友人としてのゲイなのです。


今は比較的簡単にゲイの友人を作れる環境になったのですから、積極的に行動しましょう。

 

 




真剣なゲイパートナーを求めているなら
>>「ゲイ☆パラ」登録イメージを見てみる