自分がゲイであることに気が付くタイミングは色々あると言われています。

幼少期に気が付く人、学校に入学する時に気が付く人、性に目覚めて気が付く人、異性とセックスしてみて気が付く人など色々あげられます。

多くのゲイは性に目覚める頃にゲイではないか疑い始めるのだそうです。

中学生から高校生の間に、自分はゲイかもしれないと思うようになります。

自分がゲイではない人も、学生の頃に一度はゲイであるかどうか疑ったことがあるのではないでしょうか。


一般的にセックスを経験する前はセックスを上手く想像できないために、よく理解している男性の体を想像したり、男性がセックスで快感を覚える姿を想像したりすることから、女性ではなく男性が好きなのではないか疑う人がいるらしいのです。

この頃にはゲイであるかどうかはっきりしないゲイも多いですし、ゲイかもしれないと考えている異性愛者も多いというわけです。

595-img-main

そういった葛藤を抱えやすい時期でもあるので、ゲイがからかわれる対象になる時期でもあります。

テレビの影響もあり、ゲイをお笑いの対象として考えている人も多いのですね。


ですから学生の時からゲイをカミングアウトするのは非常に勇気がいる行動であると言えます。

そのためなかなか、学校での出会いはないと言えます。


ゲイであった場合でもゲイであることを認めていない人が多いからです。

しかしその一方で、性的興味が強まる時期であるために男性同士での性的な関係を結ぶ男性も多いと言えます。


ゲイになったきっかけが男性同士での性的な関係だと答える人も多いですが、自分で気が付かないだけでゲイではない人は同性と性的な関係を結ぶことはほとんどありえないのです。

学生の間は、学校が世界の全てのように感じますから、学校での出会いを求める事は難しいと言えるでしょう。

異性と付き合っていても冷やかされたりする時期ですから、同性との付き合いならより一層冷やかしの対象になるのです。


では、学生の頃は出会いを求める事ができないのでしょうか。

もちろん未成年者はアダルトな出会い系サイトなどは利用できません。

 

ng


性的な欲求ではなくゲイとしての自分を受け入れてくれる出会いの場なら、他にも多くあることを知っておきましょう。

ゲイ向けのカウンセリングもありますし、ゲイが集える場所も用意されています。


ゲイであることを公表して話すことが出来る場所を見つければ、そこが出会いの場になることでしょう。




真剣なゲイパートナーを求めているなら
>>「ゲイ☆パラ」登録イメージを見てみる