よく社内結婚という言葉を耳にすることがありますが、ゲイの場合はどうでしょう。

職場で理想の男性で出会うことはあるかもしれません。

それが交際に発展したゲイの人はいるのでしょうか。

職場での出会いから交際に発展したゲイはいないとは言えません。


少数派ではあるでしょうが、職場での出会いがきっかけで交際に発展した人はいるはずです。

目を見ればゲイかどうか分かると公言している人もいますが、実際にゲイかどうかは目を見ただけではわかりません。

服装だけで判断するのも良くありませんし、体を鍛えているのはゲイだからではない可能性の方が大きいです。

またファッションに興味があってもゲイだとは限りませんし、甘いお菓子が好きだからゲイであると言うこともありません。

shutterstock_47441653


ゲイなのかどうかを見た目で判断することは難しいのですから、職場での出会いは難しいのです。

どちらもゲイであることを公表しているのであれば職場で恋愛することも出来るでしょう。

しかし実際に職場でゲイをカミングアウトしている人は数パーセントにすぎません。


職場での恋愛は異性同士の場合でも職務内容に支障が出る事などから慎重に行うべきであるという意見が多い中、少なくなってきたとはいえ偏見があるであろうゲイをカミングアウトして愛を伝えるのは難しいですよね。

まだまだゲイに対する偏見を持っている人はいますし、ゲイが嫌いだとう人がいてもおかしくないのです。


そのため職場での出会いを期待するのはなかなか難しいでしょう。

男性だらけの職場でも、女性が多い職場でも、職場の環境はあまり関係ないかもしれません。


もちろんゲイバー勤務なのであれば、ゲイをカミングアウトしても問題ないでしょうけれども、オフィス街ではまだまだカミングアウトして職場で出会いを求める事は難しいです。


職場で出会いを求めたいのであれば、まずはカミングアウトすることです。

そうでなければ相手の恋愛対象内に入れません。


最初から気になる人がいる場合はその人だけにカミングアウトするだけでいいですが、そうでないなら異性愛者の男性が交際相手がいないことなどを公表しているように、公表しておくことで可能性は大きくなるかもしれません。

s2_53b36124dc318

しかし特定の相手がいないのであれば職場で出会いを求めるよりも他の場所で出会いを求めた方が出会いは豊富にあると言えます。

仕事が忙しくても今はインターネットがありますから、それほど問題にはならないのではないでしょうか。




真剣なゲイパートナーを求めているなら
>>「ゲイ☆パラ」登録イメージを見てみる