若い男女のカップルの場合は
性的関係を拒んだとしてもそれほど問題にはなりません。

しかしゲイの場合は、
ゲイのくせにセックス出来ないなんて本当にゲイなのか?
と疑われることがあります。

ゲイの人は一般的にセックスへのハードルが低いものなのです。

もちろん、そうした人が全てではありませんが
やはり大多数がそういった認識であると
全体へのイメージに繋がりますよね。

しかしゲイであれば誰でも
不特定多数とセックスしているわけではありません。

ゲイであったとしても
運命の人とだけセックスをしたい
と考えている人はいるのです。

ゲイの出会い系サイトや
ゲイバーでのイベントなどでは性的な話も多いです。

特に、ゲイ向けの出会い系サイトではタチなのかネコなのか、
リバなのかどうかなど、セックスの際にどういったポジションであるのかを
登録しなければならない場合もある
のです。

motitakunai

体の関係を簡単に持ちたくない場合には、
そのことをはっきりと明記して出会い系サイトなどを利用するべきです。

ゲイの場合のお友達募集は、
セックスできる友達を指していることも多いからです。

ゲイであってもなくても
セックスをするのかしないのかは大きな問題です。

ですから誤解を与えるような発言には注意しなければなりませんし、
セックスしたくないのであればしなくても問題ないのです。

またセックスに興味はあるものの
いわゆるアナルでのセックスに恐怖を感じている人もいるでしょう。

ゲイが必ずアナルでセックスをするというのは
アダルトビデオなどの弊害です。

motitakunai3

もちろんアナルセックスをするゲイもいますが、
その割合は少ないものなのです。

口や手を利用してお互いの性器を刺激する方法の方が多いのです。

では、体の関係ではなく真剣な出会いを求めている場合は
どういった場所が適しているのでしょうか。

趣味のサークルやSNSを利用する方法を利用する人が多いようです。

SNSでのみカミングアウトし、恋人を探している人もいます。

真剣な出会いのみを取り扱っている、
つまりセックスパートナーを見つけるためではない出会い系サイトもあります。

motitakunai2

セックスパートナーを求めるようなハッテン場や
セックスパートナーを求める出会い系サイトの方がインパクトが強く、
印象に残りやすいですが真剣な出会いを求めることが出来る環境もあるのです。

ひっそりとしているのであまり話題にならないだけで、
純愛を楽しんでいるゲイはいるのです。

ゲイだから純愛を楽しめないというようなことはありませんよ。




真剣なゲイパートナーを求めているなら
>>「ゲイ☆パラ」登録イメージを見てみる