ゲイの人には共通の特徴があるのでしょうか。

よくゲイの方でゲイを見分けることが出来ると公言している人は、目の輝きが違うといいますよね。

本当に目の輝きが違うのでしょうか。

もちろん直観でゲイであるかゲイでないか分かることもるようですが、具体的な特徴はないようです。

目の輝きというものも、主観的な問題で、ゲイの人から見ればこの人がゲイであったらいいなと思っているに過ぎない場合もあります。

もし自然な形での出会いを求めているのであれば、相手がゲイかどうか特徴で判断できたらいいなと思いますよね。

5406992147_970b438c4b_z


こうしたゲイだったらいいなという思い込みが、もしかしたらこの人はゲイかもしれないという結論に至ることになるのです。

実際にゲイかどうかというのは、顕著な特徴になって現れるものなのでしょうか。

これは性的愛好の問題ですのでゲイに特徴があるわけではありません。


あえてゲイに共通する特徴をあげるのであれば、同性を愛しているということでしょうか。

医学的にもゲイは正常な状態なので、何かに無理に結び付けることは出来ないのです。

たとえば、赤が好きなのがゲイであるとか、ピンク色のシャツを着たらゲイであるとかそういった部分からゲイであるかどうかは判断できません。

そのため一般社会では、カミングアウトしなければゲイであるかどうかは気が付かれることは無いでしょう。


オネエ系のゲイたちは特徴的な口調などによって、ゲイをからかわれたりした経験があるようですが、これもごく一部にしかすぎず特徴にはなり得ないのです。


つまり一般社会においてゲイであるかゲイでないか見分ける方法はありません。

そのため現在ではゲイの方が安心して交際相手を探せるようにと、ゲイ向けの出会い系サイトなどが発展してきています。

be92cf19f884e255_S

一昔前は出会い系サイトと言えばアダルトな内容ばかりで男性と女性のためのものでした。


しかし今では、健全な出会い系サイトも充実していますし、同性愛者に向けた出会い系サイトも豊富なのです。

もちろんレズビアン向けの出会い系サイトがあります。

こうしたサイトでは性別も事前に確認されることが多く、非常に便利な存在になっています。


ゲイの特徴が分からないからといって、素敵なゲイの男性と巡り合えなくなるわけではないので誤解しないでください。

ゲイに特徴が無いことはカミングアウトしたくないゲイの方々にとっては非常にプラスでもあるのです。


ゲイには共通した特徴はありませんが、それによって出会いが限定されてしまうこともありません。

 

 




真剣なゲイパートナーを求めているなら
>>「ゲイ☆パラ」登録イメージを見てみる