自分が同性愛者であることに気が付き、同じく同性愛者の人と付き合いたいと思っていても、周囲に自分がゲイであることを知られたくないと考えている男性は多くいます。

ゲイを家族や学校や職場の方々にカミングアウトしている男性の方が少ないのです。


社会的地位などが向上して初めて、自分がゲイであることをカミングアウトする男性は多く、社会的地位をそれほど得られていない男性はカミングアウトしていない傾向にあります。

これは周囲の環境が社会的地位によって大きく変わることが原因でしょう。

そのため若い頃は特に、ゲイであることを周囲に話すことは難しいと言えます。

7465626478_63d976a8d5_o


しかし、同じく同性愛者の人と付き合いたいと言う願望もありますよね。
一昔前であれば、同性愛者を身近な人に隠したまま同性愛者と付き合うことはほとんど不可能でした。

遠くに引っ越したり、家族と別々に住んだりすることで初めてほっとした人も多かったはずです。


しかし現在では、インターネットを利用すれば同性愛者と匿名でコミュニケーションを取ることが出来ます。

出会い系サイトもそうですし、SNSもそうですが、連絡を取り合いたいと思っている人同士が簡単につながれるようになったのです。


また以前に比べ偏見が減ったことによって、出会い系サイトやSNSは比較的安全に保たれているのです。

これによって同性愛者であることを隠したまま、同性愛者として人と交流を持つことが可能になったのです。

同性愛者であることを隠しておきたいと考えていた方にとっては非常に素晴らしい環境が揃っているのです。

Praying


パートナーを見つけられた後には、やっと自分に自信が持てるようになりカミングアウトすることが出来たという人もいます。

実際に出会い系サイトやSNSを利用してゲイの友人を作ったり、恋人を作ったりしている人でも周囲にカミングアウトしている人はごくわずかです。

ですからゲイであることを隠していることは難しいことではありませんし、その選択が間違っているわけでもないのです。

ゲイバーに遊びに行ったり出来る友人を見つけることが出来るようになったり、恋愛相談に乗ってくれる人が出来たりと非常に充実した生活を送れるようになっているようです。


もちろん、中には誹謗中傷もあるかもしれませんが、これはゲイだからといった問題ではないですし、正しく利用することが出来ればそれだけ満足のいく結果になることでしょう。


ゲイを隠したまま同性愛者との出会いを求めることは簡単です。




真剣なゲイパートナーを求めているなら
>>「ゲイ☆パラ」登録イメージを見てみる