ゲイであることで辛いのは、ゲイを批判されることよりも
異性愛者を愛してしまった時ではないでしょうか。

もちろん異性愛者同士の恋愛であっても
惚れた相手と必ず付き合えるわけではありませんから、
条件は同じではあるものの可能性はさらに低いですよね。

iseiaisya

このように異性愛者に惚れてしまうゲイは少なくありません

もちろんゲイに惚れたからと言って恋が実るわけでもありませんから、
こればかりはどうしようもないことですよね。

異性愛者の男性を好きになった後に、
どのように行動するのかは自由です。

自分がゲイであることを
カミングアウトするところから始めたり、
告白をするのも自由です。

ゲイであることを隠しながら友人関係を続けるのも自由です。

iseiaisya2

世の中、ゲイだから失恋するというものではないのです。

恋をしていない時は、そのことを十分に理解しているはずなのに
恋をしている時は、それに気が付かない人もいるわけです。

ゲイの中には異性愛者だけを恋愛対象にしている方もいます。

異性愛者でないとセックスで興奮しないと言う意味ですね。

そのためゲイのポルノにも、ノンケという
異性愛者の男性とのセックス動画や漫画が充実しています。

男性は女性に比べ性欲が強いですから
異性愛者の男性の中にも、女性が好きだけれど
射精させてくれれば誰でもいいと考える人がいるんですね。

男性とのセックスの経験がない異性愛者の
男性とのセックスは、その初々しさが魅力のようです。

そういう人たちは、出会い系サイトやSNSを通して知り合ったり、
ゲイバーやハプニングバーで出会うことが出来るようです。

比較的若い異性愛者の男性が興味を持って
男性との性的体験や性行為を求めてきますが、
年齢を確認して誘拐などの犯罪にならないように注意しましょう。

しかし、どうせ性欲があるのだからと言って、
同意を得ずにセックスに持ち込むような関係はよくありません。

そういった行為をするゲイの男性が少なからず存在するので、
ゲイに対する偏見が強まった時期さえあったのです。

同性愛者が自然と同性の方が好きなように、
異性愛者は自然と異性が好きなのです。

iseiaisya3

ですから無理な嫌がらせや迷惑行為を行うようなことは避けるべきです。

相手が興味が無いと言うのであれば、身を引くことも大切ですよ。

同じくゲイの男性との出会いを求めて、
異性愛者の男性への恋心を忘れてしまうことも時には必要でしょう。

多くのゲイの方が同じような経験をしているので、分かり合えるはずです。




真剣なゲイパートナーを求めているなら
>>「ゲイ☆パラ」登録イメージを見てみる