ハッテン場は誠実な関係を求める場所ではありません。


ハッテン場はセックスのパートナーを求める場所なのです。

ですから、ハッテン場での出会いがきっかけで一生のパートナーに巡り合えたと言う人は少ないでしょう。

異性愛者の人が風俗に行くのと同じようなものなのです。

セックスをするためだけに行く場所です。

もちろんセックスをすることで心が癒される方もいますが、それでもセックスがしたいから風俗やハッテン場に行くわけです。
もちろんそこに、出会いがないわけではないでしょう。

fc2_2013-12-02_16-44-52-501


けれど風俗で出会って交際に発展する人は、風俗を利用している人のほんの一部の人でしかないように、ハッテン場での出会いがその後の続くことはあまり考えられません。

毎日通って顔を覚えてもらうことが出来る風俗とはまた違い、次の日もハッテン場で出会った彼がハッテン場にいるとは限らないのです。


ハッテン場での出会いはその場限りのものであることが多いことを理解して置きましょう。

なぜなら、ハッテン場に訪れる人がハッテン場に求めているのはセックス出来るパートナーなのですから、セックスが出来ればその関係は終わるのです。

名前を聞いたり、仕事や家族の話をしたり相手の詮索をすることはマナー違反とさえ言われているのです。

セックスには関係のない個人情報は、あまり聞かれたくないという人も多いはずです。


もちろんセックスをしてみて、お互いに初めて味わうような快感を感じるほどの相性がいい場合は連絡先を交換する可能性はあります。

ハッテン場はセックスの最高のパートナーを見つけることが出来る可能性は高いわけです。


また、同性間のセックスを近くで観察することも出来るので、より快感を追求することも出来ると言えるでしょう。

ハッテン場では、そういった意味での新しい出会いであれば多く経験することが出来る場所であると言えます。

セックスのパートナーを見つける出会いの場としては最適です。

しかし自分の体は自分で守らなくてはならないとも言われている場所です。

d206020d


セックスを行う前に必ずセーフティーセックスを行うよう約束したり、コンドームをいつからつけるかどうか話し合いをしておくべきです。

ゲイがセーフティーセックスをするのは当然ですが、それを怠っている人も中にはいるわけです。

ハッテン場では色々な人と出会うことが出来ますが、雰囲気や言葉に流されずに正しいセックスを行うようにしてください。

一夜限りの関係だからといってセーフティーセックスの概念がない人もなかにはいるのです。




真剣なゲイパートナーを求めているなら
>>「ゲイ☆パラ」登録イメージを見てみる