ゲイの人が掛かりやすい病気というものはあるのでしょうか。

ゲイだからなる病気はなくても、
ゲイの人が掛かりやすい病気と言うのは存在します。


たとえば、ゲイの人はうつ病になりやすいと言われています。


うつ病はゲイの人だけがなるものではありませんが、
ゲイであることを隠して生活している人は
ゲイうつ病になりやすいと言われています。

Furious man pulling his hair on white background

色々な場所で本来の気持ちとは別の行動を行わなければならないことから、
心が疲れてしまうのではないかと言われています。

またゲイであることから批判されていたり、
ゲイであることを自分自身が認められなかったりすることがあるのです。

そういった様々な悩みから、うつ病を発症してしまうことが多いのです。


ゲイであることに気が付いたときに、
カウンセリングを受けに行くべきだと言われているくらいですし、
アメリカなどではゲイであることが分かったら子供のうちから
ゲイは間違ったことではないことをしっかり学ぶ機会を設けているようです。

それくらいゲイの場合は心の問題を抱えやすくなってしまいがちなのです。


また、ゲイの人はHIVにも感染しやすいと言われています。

HIVもゲイだけの病気ではなく
異性愛者の男性も、女性の方も感染することのある病気です。


しかしゲイ同士のセックスでアナルを使用する場合は、
粘膜の弱い部分ですから傷がついやすく一般よりも感染しやすいと言われています。

ゲイだからと言って必ず感染するわけではありませんが、
アナルセックスではHIVの感染する可能性が大きいので感染しやすいと言えます。

201010180500


そのほかにも性感染症も
ゲイの方が掛かりやすく重症化しやすいと言われています。

性病はもともと女性の方が症状を強く感じるものが多いのです。

そのため男性が性病に気が付くきっかけは
パートナーの女性が性感染症の症状を訴えるなどした場合が多いのです。

ゲイの場合はパートナーも男性のため性感染症に気が付かず、
気が付いたときには重症化しているということが多いのです。


このようにゲイだから掛かる病気はなくても、
ゲイであることで掛かりやすくなっている病気、
重症化しやすい病気はあるのです。

ゲイだから掛かりやすいということを知っているのと
知らないのとでは対処の仕方が異なりますよね。

知っているだけで、自分だけでなく
大切なパートナーを守ることが出来るかもしれません。

kango_p2

これから出会う運命の相手にもしっかり教えてあげてくださいね。


最後にもう一度繰り返しますが、ゲイだから掛かるわけではありません。

可能性が高まるというだけですので、誤解しないようにしましょう。 No Deposit Casino Specifics Explained




真剣なゲイパートナーを求めているなら
>>「ゲイ☆パラ」登録イメージを見てみる