ゲイは性病に掛からないと思っている人はいないでしょう。


ゲイであってもゲイでなくても性行為を行えば性感染症に掛かる危険性がありますし、HIVに感染する危険性があります。


不特定多数の方と性行為を行うと、感染のリスクが高まることになりますが、ゲイであれば全員性感染症を患っているであるとか、HIVはゲイしかならないと言ったうわさは嘘です。


確かにゲイの人の方が不特定多数の人と性行為を行っていることが多いですから性感染症やHIVに感染するリスクは高いのです。

url


特に日本ではHIVはゲイの病気であるというような誤解があり、HIVに感染していると言うことは男性同士でセックスをしていると疑われやすいのですが、実際にHIVの感染が判明している感染者は女性の方が多いと言うデータもあるのです。

つまり性感染症もHIVもゲイだけのものではないのです。


しかしこの事実は、セーフティーセックスをしなくても良いという結論には至りません。

ゲイ同士の性行為では性感染症やHIVを引き起こす可能性が高いということは事実なのです。

ゲイ同士の性行為というよりはアナルでの性行為と言った方がより正確な情報かもしれません。

アナルセックスではアナルに男性器を挿入しますよね。


ローションなどで充分にアナルを保護したとしても、元々アナルは異物を挿入できるようには出来ていませんから、裂けてしまったり傷ついてしまったりしやすいのです。


性感染症やHIVはそうした傷口から感染しやすくなっているので、可能性が高くなっていると言えるのです。

アナルに挿入される側だけではなく、アナルに挿入する側も傷口などから性感染症やHIVに感染することはあります。

セーフティーセックスを心掛けコンドームを用いることで性感染症やHIVを予防したセックスを行うことは非常に大切なのです。

不特定多数の相手とセックスしているのであれば、定期的に性感染症やHIVの検査を受けておくことが大切です。

kango_p2

気が付かないうちに大切なパートナーに性感染症やHIVを移してしまうことも考えられるのです。

特にHIVは感染していても自覚症状が無い場合もありますから、しっかり検査を受けるべきです。


不特定多数と性行為を行うのであれば、定期的な検査とセーフティーセックスは欠かせません。

パートナーが変わったら、お互いに性感染症とHIVの検査を受けるのが一番好ましい方法です。


感染を予防することを頭に入れて、セックスを楽しみましょう。

セーフティーセックスについて自分自身で真剣に考えておくべきです。




真剣なゲイパートナーを求めているなら
>>「ゲイ☆パラ」登録イメージを見てみる